トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促266 ユニフォーム

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促266 ユニフォーム

朝、ポケットティシューを配る人達に良く会います。
ほとんどが開店前の店員さんが配っているのか、
店のユニフォームと思しき格好をしています。


そのユニフォームで飲食店なのか、パチンコ屋さんなのか、
消費者金融なのかは、何となく分かるのですが、
どの店という所まで分かりません。


駅前でティシューを配るということは、
その地域でそのお店の存在を知らせることが目的としてあるはずです。


であれば、ティシューを配るときも、
店名を売ることは忘れてはいけません。


「ティシューに店名は入っている」って?


確かにそうですが、ティシューをもらう人の行動を見ていますか?
受け取ったら確認もせずにポケットに入れてますよね?


使うときも一々記載内容を確認したりする人は極少数です。


ましてティシューを届けられなかった人達には、
何処の誰か全くわかりません。


だからこそ、何処の誰か?一目で分かるユニフォームが必要なのです。


単純にハッピでもいいと思います。
服の上にさっと羽織れますし、社名も入れられます。


ただし、社名は弱いです。見てすぐに記憶するものではなく、
読んで文字を理解してから記憶するというステップを取りますから、
興味が無い人には目に入っても意識に登らず、記憶もされません。


そこでキャラクターです。


擬人化されたキャラクターなら、好き嫌いはともかく
一瞬にして記憶されます。


それは脳の構造上イメージの方が記憶されやすいのです。


派手なキャラクター入りの法被を着てティシューを配る。
そうすれば嫌でも人の目に止まります。

ということは、

自然とキャラクターが地域に浸透していきます。
そして、◎◎(キャラクターの名前)のお店としてお客様の記憶に残るのです。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 09:27 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: