トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促255 長期視点

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促255 長期視点

先日、知人と話していたのですが、奈良のキャラクター「せんとくん」
うまく定着しましたね。


出てきた時は非難轟々、とても市民に受け入れられる感じじゃなかった。
それがある時着ぐるみが出てきて、その着ぐるみが良く出来ていて
可愛かったので、そちらの印象が強くなりました。


うまく入れ替わったなぁという感じです。


「せんとくん」の原案は彫刻家の先生が作ったもので、
インパクトはありましたけど、可愛いもの、
万人に好かれるものではありませんでした。


奈良の友人に聞いても非難轟々でした。
仏教界も反対の意見を出しました。


市民が独自のキャラクターを作るという動きもありました。


それら全ての意見に反論するわけではなく、
静観しつつ、プロが作った可愛い着ぐるみを登場させ、
マスコミへの露出を増やしていきました。


原画は静的なイメージですが、
着ぐるみのセントくんは喜怒哀楽が激しく、まるで躁状態。


おそらく市民の方々も最初は違和感を感じたのではないでしょうか。


しかし、いくら原画が不気味で、着ぐるみが可愛かろうと、
鹿の角が生えた童子の姿は他に類似するものがなく、
同じキャラクターだと容易に理解できます。


市民が同時に作ったキャラクター「まんとくん」は
流行りのゆるキャラで、どうしても「せんとくん」程の印象は残せません。


おそらくせんとくんの制作者はともかく、
周りのスタッフは長期的な視点でじっくり育て上げるつもりだったのでしょう。


目先の印象ばかりに気を取られたキャラクターと、
未来像のあるキャラクターとでは、
成長の仕方が大きく違ってくるのかもしれません。


あなたの会社がキャラクターを作るときも、
目先に印象にとらわれず、10年以上使うつもりで考えてください。


ちなみにカーコンビニ倶楽部の魔女も10年経ちましたよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 17:46 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: