トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促244 ウソへのこだわり

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促244 ウソへのこだわり

皆さんはウォーキングダイナソーというイベントをご存知ですか?


原寸大の恐竜のアニマトロニクスが動き回るというエンターテイメントです。
全世界で500万人を動員し、日本でもこの夏公演が行われます。


私も見たくて、チケット予約開始日の土曜日、
朝10時からパソコンと電話でアクセスしまくったのですが、
繋がった時は既に売り切れでした。orz


恐竜のアニマトロニクスなんて珍しくありません。
にもかかわらず、なぜこれほどまでにこの「ウォーキングダイナソー」は
人気があるのでしょうか?


実は、恐竜のアニマトロニクス自体は珍しくも何ともないのですが、
ジュラシックパークなどの映画のセットを除けば、
原寸大のものはこれまで存在しなかったのです。


しかもそれが動き回るというのは今まで考えられませんでした。
というのもアニマトロニクスはその機構故に重量があり、
据え置きにするしかなかったのです。


それをいろんな技術的なチャレンジをして実現させたわけです。
さらに恐竜の誕生から絶滅まで、科学的仮説に基づいて
エンターテイメントに仕立て上げました。


「ウォーキングダイナソー」は「ウソ」の世界です。
しかし、動く本物の恐竜を見せたいという「夢」に対するこだわりがあります。
(そのあたりは、最初のジュラシックパークも同じですね)


キャラクターも同じです。夢に対するこだわりが必要です。
稚拙なもので、それがあれば人気者になれます。


時々、ご紹介する「岐阜県のマルイ不動産」のキャラクターも
どちらかと言えばユルキャラですが、小原社長の本気が
キャラクターを人気のあるものにしています。


キャラクターを作ってもうまくいかない場合、
お客様(お子様)のことを考えていないのです。


手前味噌のキャラクターになっているんですね。


お客様に対して、そのキャラクターは何を見せるのか?
あるいは何を提供するのか? どんな思い出を持ち帰ってもらうのか?
一番肝心なことを忘れてはいけません。


着ぐるみを作ったはいいけど、お客様のいるところで
脱いだりしては絶対にいけないのです。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:24 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: