トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促228 企業イメージ

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促228 企業イメージ

2009年は私が隅っこに住まわせていただいている広告業界には厳しい年でした。
最近、テレビなんかを見ても、ちょっと前ならバラエティ番組にでないような
ドラマ専属の俳優さんらが番組や映画の宣伝で出ています。


番組の方も、過去の映像の使い回しのバラエティ番組ばかりです。
それだけかつて無いほどにテレビ局の収入が減っているのです。


実際、トヨタ自動車は2009年の広告予算を3割カットしたとか。
それだけでなく減らした予算の中でテレビなどの純広告を減らして、
プロモーション予算の割合を増やしたそうです。


伝聞で申し訳ないのですが、そうそう間違っていないでしょう。
テレビのCMなどはイメージ広告で、それによって直接商品が売れるという
性格のものではありません。
不景気になればカットされるのが当然と言えば当然なんですね。


まして自動車メーカーくらい大きな企業ですと、
そのイメージは定着していますから、わざわざイメージ広告を打つ
必要性がないように思います。


しかし、それでもイメージ広告を出し続ける必要があるんですね。

それはなぜか?


わかりやすいのはソフトバンクです。
もう1年以上も契約者数を伸ばし続けています。


はっきり言ってナンバーポータビリティ制度が始まってひとり勝ちです。


CMの出稿量も多いですが、その戦略も一貫しています。


親しみやすい犬のお父さんシリーズと、
ハリウッドスターから現在のスマップまで一貫しているスタイリッシュ路線。
その2つの路線ですね。


その都度、家族定額とか学割とか打ち出していますが、
その内容まで伝わっているかは疑問です。


それでも新規契約者の女性比率は高く、CMの高感度も高い。
その上、ソフトバンクの携帯はおシャレだという印象が広がっています。


実際に使っている人に聞いてみると、
繋がらないという不満も多いのですが。。。。。


それでもユーザーは増えているんですね。


もちろん、ソフトバンクは安いという印象を最初に作ってしまったので、
そういう印象を持っている方も多いでしょう。


しかし、同じキャリアを使い続けると、割引率が高くなりますので、
わざわざ乗り換えるほどのメリットは無いのです。


それに価格がわかりにくいだけで、同じ様なプランで比較すると、
ソフトバンクだけが吐出して安いということはありません。


値段で選ぶ人は、そういうことはキチンと調査しているでしょう。


つまりソフトバンクの成功はイメージ戦略なんです。


直接売りにつながるとは言えない広告を
まるで家賃のように一定金額を使い続けた結果、
おシャレでスタイリッシュという印象を勝ち取ったんですね。


そういうイメージを一度勝ちとると、迷った時の最後の一押し、
新規導入なら他と比較もせずに選んでいただけるポジションになるんですね。


キャラクターもそういう意味ではイメージです。
露出し続けることでお客様の頭の中に、
確固とした場所を築けるようになります。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 18:28 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: