トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促226 売り場を編集

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促226 売り場を編集

バイクに乗っているとこの時期、ライダー仲間で防寒対策が話題になります。
みんなオッサンですから若い人のようにやせ我慢はしません。


そんな中、必ず話題に上るのがユニクロのヒートテックです。


今のように消費が冷え込んでいる時は、
ユニクロのヒートテックのような新商品を開発したり、
新ブランドを立ち上げたりしなければ巻き返しは難しいように思い勝ちです。


「商品が受け入れられていないのだろう」と考えてしまうのですね。


しかし新商品開発は、相当なエネルギーと費用がかかるうえに、
作ったものが売れるという保障もなく、かなりリスクが高いです。


業態が製造販売でなく、通常の販売であったとしても
商品のラインナップを入れ替えるのは同様のリスクがあります。
在庫の問題もありますしね。


そこでまず試してみるのが、売り方に問題がないか検討すること。


例えば、アパレルメーカーのファイブフォックスがファミリー向けに作った
「コムサイズム」は、母の日や父の日、七五三といった生活の節目を意識した
商品政策を見直して、婦人物、紳士物、子供向けの服や雑貨というように
売り場を編集しなおし、売上高は前年比13%上回っているそうです。


225号でも書きましたが、お客様は面倒くさいのが嫌いです。
コムサイズムの場合は、お客様が「自分たちのための商品」とわかるように
売り場を分けたことが功を奏したようです。


ならば売り場をシンボライズするキャラクターを立てれば
よりわかり易くなりますね。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 10:35 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: