トップページ >よむべき書籍 > 自己啓発> 脳学者苫米地博士のセカンドステージ

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

脳学者苫米地博士のセカンドステージ

『脳を味方につける生き方』

苫米地氏の本は何冊か読んでいるのですが、魅かれるものがある反面、
こちらの程度が低い氏の頭が良すぎるのかのか、
書かれてある内容が抽象的な上に、独自の用語を使いまくるものだから、
取っ付きにくく、本を読んでも行動に移すのが難しかった。

その点に氏も気づいたのか、私のような読者に歩み寄る
非常に具体的で分かりやすい内容になっています。

その上、今までの著作との重複がすくないので、満足度も高いです。

特に「なりたい自分」を演じてみるというのは秀逸で、
いざ演じてみようにもどうして良いのか分からない自分に気づきます。

逆上がりができない子供が、逆上がりのできる子供の仕草を見て、
自分とどう違うのかが理解できないのと同じように、
なりたい人間をどう振舞ってよいか判らないのですね。

で、それはなぜかって考えると、演じられるほどなりたい人間像を
明確にしていないということに気づくわけです。

つまり、自分で思っているほど、目標は明確になってないし、
モデリングもできてないってことなんですね。

そりゃ、なかな目標を達成できないわけです。

そして、この本を読んで初めて「未来は現在の原因である」
という意味もわかりました。

『脳を味方につける生き方』を読むと
具体的な行動ができない理由も計画になる、まさしく実践の書です。

Posted by born1963 : 20:23 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: