トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促208 YouTubeでの動画

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促208 YouTubeでの動画

先日Next Ad & Marketing 2009 という展示会で
「YouTubeでの動画によるインタラクティブコミュニケーション」
という講演を聞いてきましたので、シェアしたいと思います。


YouTubeというのはご存知の通り、動画共有サイトですね。
その特徴としては・・・

1)検索エンジン経由よりも“お気に入り”経由でのアクセスが多い
 スクリプトをコピペすることでのブログへの埋め込みの他、
 大手ブログにはワンクリックで貼り込める

2)2000万のアクティブユーザー

3)ユーザーの50%がネットショッピングでの購買経験者

4)男女比=6:4(女性の利用者が一般的な認識より多いのでは?)

5)YouTubeに動画をアップすれば、ネットに繋がる全ての端末で視聴可能
 ○TV(Panasonic VIERA, Apple TV, PS3, Wii)
 ○分割再生機能で携帯3キャリアにも対応 QRコードの生成機能あり

6)HD画質(W720pixel)に対応。1ファイル2GBまでアップロード可能

7)YouTubeの人気動画の約30%がTVCMである

と言ったことがあります。


注目すべきは5番目のYouTubeに動画をアップすれば、
ネットに繋がる全ての端末で視聴可能という点。


これからのインターネットは動画の時代に入ると言われています。
そういうときにフォーマットがどうとか考える必要がないのです。


そしてYouTubeに代表されるインターネット動画は、
テレビコマーシャルのように時間的拘束がない(見たいとき見れる)ので、
独特の進化をすると思われます。


192号でご紹介したが函館市のイカール星人のCMは参考になります。
→ http://www.youtube.com/watch?v=atGBvJy6BDM


例えば東芝はYoutubeにこんなコンテンツを上げています。
草食系にも肉食系にも dynabook


トヨタはiQのテレビCMは実はYouTube用に作ったものが評判になって、
急遽テレビCMになりました。
トヨタ iQ - easy parking

そして、その動画に出るときはどうするのでしょうか?
というコメントがつき、その回答としてトヨタが用意したのが
トヨタ iQ - Re: PARKING


これらの動画を見た人には、
メーカーへの共感を感じた人も出てくるかもしれません。


YouTubeではないのですが、先日、Intelのホームページに
ショートムービーのシリーズを掲載したセールスページを見つけました。
→ http://www.intel.co.jp/jp/business/xeon5500/short-movie/index1.htm
→ http://www.intel.co.jp/jp/business/vpro/short-movie/index1.htm


intelのショートムービーシリーズは、ストーリー仕立てのムービー部分と、
テキストで主人公の本音が語られる「つぶやき」、
そしてIntelのセールスポイント「今日のポイント」の3つからなっています。


とても良くできていると思ったのですが(ドラマもついみてしまいます)、
YouTubeではありませんので、検索されないし、
PC以外のインフラで見られません。


Intelの場合は、ITのインフラを提供する側ですから、
安易にYouTubeに乗っかるわけにはいかないのでしょうが、
リーチを考えると厳しいのでは? と気になります。


Googleが先日、Chrome OSという新しいOSをネットブックPC向けに出すと
アナウンスがありましたが、これなど、案外テレビを狙っているのじゃないか
という気がしてなりません。


いずれ、テレビとネットの融合が起こってくるはずです。
それはテレビで見ている服がネット通販でその場で買えるという
馬鹿馬鹿しい話ではなく、テレビもインターネットも
同じプラットフォームで見る時代がやってくるだろうという事です。


いずれにしろ、今後、ムービーをどう効果的に使って行くかと言う事が、
日本のインターネットでも重要になるでしょう。


個人的には単なる広告よりも、
特に商品を販売するページで重要になるのでは? と考えています。


今日ご紹介した様な本格的なものは無理でも
Flashのアニメーションならそれほど費用もかからないでしょう。


函館のCMもイカール星人でした(笑)
キャラクターものは話題にもなりやすいですよ。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:42 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: