トップページ >キャラクター > メールマガジン3> キャラクター販促206 シンプル イズ ・・・

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促206 シンプル イズ ・・・

7月6日の日経MJに興味深い記事が載っていました。
ゲーム機のタイトーが全く新しいゲーム機を展開し、
ゲームセンターにファミリーを呼び込んでいるとの内容です。


そのゲーム機は「NO考ゲーム」



「見りゃァ、ワカル。やりゃァ、オモロイ。」のキャッチフレーズの通り、
バネで跳ね上がるボードに乗って、画面のなかのキャラクターを
前方へ進めていくだけのゲーム等、操作が簡単なゲームばかり
数種類がラインナップされています。


NO考ゲームの合言葉は「遊びの原点回帰」。
難しく考えることなく直感的な操作だけで遊べるように、
との思いを込めたとのことです。


コンピューターが登場して以来、
私たちの周りのものはどんどん複雑になってきました。


例えば我が家のテレビの録画はハードディスクつきのブルーレイなのですが、
できることが沢山あるかわりに、操作も覚えきれなくなっています。


昔なら、録画、再生、早送り、撒き戻し、一時停止、あとは録画予約。
予約の仕方以外はマニュアルすら必要ありませんでした。


それが今は、野球で番組がずれ込んでもそれにあわせて録画してくれたり、
タイムシフトと言って、7時からの番組を7時15分から、再生しつつ録画する
なんてこともできます。


それはそれで便利なのですが、苦手な人にはどうしようもなく
面倒なものになっているような気がします。


ゲームセンターのゲーム機も同じです。
一番お金を使ってくれる人のリクエストに応えていって、
どんどん高度に複雑になっていったのです。


もう、マニア以外は100円で1分も遊べないゲームばかりになっているのです。


今、世の中が高度化する中で、
皆がスペシャリストになることを求められています。


スペシャリストというのは、文字通り専門家。
裏を返せば「専門以外の分野は素人」なのです。


よって何でも、素人にもなるべく分かりやすく、
考えなくても操作できるようにしておく必要があったのです。


タイトーはこのゲームために、開発センターではなく
本社に設置したプロジェクトチーム主導で開発したそうです。


私たちが商品を説明するとき、つい難しい言葉を使ってしまい勝ちです。
特に難しい言葉でなくても、知らなければ意味すら分からない
そんな言葉があります。


ミクシーをしていない人に「マイミクみたいなもの」と言っても
何の説明にもならないですよね。


しかし、素人にも分かりやすくというのは意外と難しいのです。
そんなとき、目の前にキャラクターを置いて、
こいつに喋らせるのにピッタリな言葉は?と考えてください。


一人で考えても難しいことでも、目の前に想定する相手がいるだけで
想像しやすくなりますから。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 11:03 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: