トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促181 ヒール

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促181 ヒール

『地球が静止する日』という映画を見に行ったときに、
ちょうど09年春公開の『ヤッターマン』の予告編をやっていました。


ヤッターマンを撮らないと死ねないとまで公言する
三池崇史監督だけあって、原作に対する愛情は相当なもの。
予告を見る限りにおいて、良くできていました。



予告では巨大メカもヤッターマン1号の櫻井翔くん、
2号の福田沙紀ちゃんもイメージピッタリでした。


しかし、肝心のドロンジョ様が出てこないっ。


あの特徴的なマスクの一部分が映ってすぐ、
「次回ドロンボー一味登場」ってテロップが出ておしまいです。


次回登場って、予告編を見るために映画館に行けるかいっ!
とひとり画面に突っ込んでました(笑)


これは自動車の広告なんかでもよくやるティーザー広告という手法で、
お客様の期待感を煽る広告手法です。


ところでこの話でなにか気付きません?


そう。ドロンジョをティーザー広告に使うということは、
ユーザーは当然、ドロンジョを期待しているだろうと
製作者サイドは思っているということなんですね。


つまり真の主役は実は、悪役であるはずのドロンジョ様だということですね。


それはキャスティングを見ても明らか。
主役のヤッターマン1号には嵐の桜井君ですが、
ドロンジョ様は数々のドラマ映画で主演してきた深田恭子さん。


勢いはともかく、実績の面では明らかに深田さんの方が上です。
ポスターの名前の大きさを見ても、ヒロインはヤッターマン2号の
福田沙紀ちゃんではなく、深田恭子さんです。


ではどうしてそれほどまでに悪役なのに人気があるのでしょうか?


それは、以前121号でも書いたのですが、
悪役というのは人間の欲望の現れだからなんですね。


自分たちがやってみたいけど、世間の手前行動に移すことができない。
それを悪役たちは代わってやってくれるわけです。


だから善玉よりインパクトの強いキャラクターになるのす。


さらにもうひとつ言えるのは、悪役だとお色気を持ち込めるんですね。
そしてセクシーな女性というのは、男性だけでなく女性からも人気があります。


実はこの映画でも、深田さんのコスチュームは胸元が大きく開いた
胸を強調するデザインです。さらに入浴シーンもあるようです。


いい悪役(?)キャラはストレートに欲望を刺激します。


そしてお客様の欲望を刺激すると
お客様の財布の紐を緩めさせることができるのです。


参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 14:52 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: