トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促164 共犯意識

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促164 共犯意識

サントリー黒烏龍茶のCMが面白いですね。


今メルマガに取り上げるなら
グリコの「25年後のサザエさん一家」の方がタイムリーでしょう。


カツオが36歳にもなって、法事にバットを担いで登場するあたり、
ちゃんとキャラクターを踏襲しています。


けど、まだまだこれからですね。


それに対して黒烏龍茶はシリーズでもう何作も作り続けられていて
キャラクターが確立していますね。


このCMのキャラクターは中年の2人の中国人。
わりと裕福で美食家という設定のようです。


この2人が体のことを気にしながら、黒烏龍茶を免罪符に油こってりの
おいしい料理を食べるというストーリー。


「気をつけないといけないのは分かっているんだけど、つい・・・」
という、ちょっとした良心の呵責というか、
「わかるよね?」という共犯意識を刺激しているんですね。


うしろめたさを、あえて強調し、共有しているわけです。


この黒烏龍茶のCM、ずーっとこういう調子なんですね。
わかっちゃいるけど、やめられない。そういう心理への共感。
うしろめたい部分をふくめた共犯意識を狙っているのです。


主役は烏龍茶ということもあって中国人なのでしょうが、
中国人特有のオーバーアクションがコミカルで面白く人気です。


これが、中国人ではなく日本人男性だったら、自分と重なるので、
共犯意識より、余計なお世話という反発も生まれてくるでしょう。


つまり、中国人を使うということで、日本人との適切な距離を保ち、
キャラクターとして成立させているわけです。


キャラクターにイラストを使うのも、生臭さを消すというか、
対象との距離感を取るためでもあるんですね。


この微妙な距離感が共犯意識を生み出すもとにもなっているんですね。

参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 16:36 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: