トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促159 人はイメージによって・・・

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促159 人はイメージによって・・・

◆人はイメージできた映像によって、突き動かされる。


今年も8月15日がやってきました。


普段、戦争なんて意識することはほとんどないのですが、
この時期になるとやはり意識せざるを得ません。


そして、そのときに思い出す1枚の写真があります。



その写真はナチスの残虐さを物語る写真なのですが、
死体の山が写っているわけではありません。


人の何倍もの高さのある眼鏡の山が写っているのです。


はじめは写真に写っているものが何かわからなかったのですが、
眼鏡とわかって、一瞬の後、恐怖がやってきました。


細かく説明することはしませんが、直接的な描画(この場合は死体)より、
その写真からイメージした映像の方が何倍も心に残ります。


直接そのモノを見せられるより、そのモノをイメージさせた方が
強く心に訴えることができるということです。


これはこういう報道写真に限ったことではありません。
私たちが考える販促に関することでもそうなのです。


一番わかりやすい例がキャッチコピー。
有名なキャッチコピーにピアノコピーというのがあります。


「私がピアノに腰掛けると、みんなが笑いました。
 ところが、私がピアノを弾き始めた途端・・・」


伝説の広告人ジョン・ケイプルズ氏が生み出したコピーですが、
生み出されて60年以上経つ今も類型のコピーが数多くの効果をあげています。


他にも、「 リペア(修理する)」を「フィックス(元通りに. する)」
と言い換えただけで、反応率を2割アップさせたそうです。


ね、コピーからイメージが湧くのは共通しているでしょう?


ビジュアルも一緒です。


商品そのものの写真より、それを購入してよかったという満足感。
それをイメージできるものを考えましょう。


参考になれば幸いです。


それでは、また。

Posted by born1963 : 17:15 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: