トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促155 iPhone狂想曲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促155 iPhone狂想曲

さて、なにかと話題のiPhoneですが、IT系のみなさんは注目されているようで、
取引先の会社の社長との会話でも話題に上りました。


私は携帯サイトが見られないので購入する予定はないのですが、
購入した方々のレビューを見ていると、賛否両極端に分かれるようですね。


きっとどの視点から見ているかで評価が変わってきているのでしょう。


携帯電話として考えている人にとっては、
使いづらくすぐに消えると終始否定的な意見が多いようです。


逆にPCとの連携を考えている人にとっては、この上なく便利なんだとか。


しかし、私見ですが、おそらくインターネット端末としても、
日本の携帯の方がよくできているでしょう。


それは、携帯電話だけでなく、それを支えるコンテンツ側の
協力があればこそだと思うのです。


ですから、iPhoneが視野に入れているのは、日本以外の国。
これから携帯電話がインターネット端末に変わって行く欧米諸国だと思います。


携帯電話でインターネットにアクセスするのが普通になったとき、
モバイル環境でPC用のサイトを見るのはやっぱり使いづらいと言う
話になるのか、わざわざ携帯用のサイトを作るまでもないという話になるのか、
その時点での欧米の評価がiPhoneの本当の評価でしょう。


しかし、それとは別に、マーケティング的に見ると素晴らしいの一言です。


3ヶ月ごとに新商品が発表され、消耗戦の様相を呈してきた
国内の携帯市場とは、あきらかに異なるマーケティングを
アップルは成功させています。


競争の激戦区で、差別化されたポジションをうまくつくりました。


アル・ライズは、新しいポジションをつくって、
それがなになのかをコンシューマーの頭の中に言葉で刻み込んだら勝ちだ
と言いました。


iPhoneは、スタイリッシュなデザイン、指でタッチする操作の面白さなどの
イメージを人びとの頭の中に刻み込みました。


iPhoneという製品も提供されるサービスも、特に新しいものではありません。


しかし明らかに異なる体験を提供してくれます。
(それはおそらく、インターフェイスに関わる部分が多いのでしょう)


つまり、既存のものでも、お客様に提供できる体験を
感動の域まで高めることができたなら、一人勝ちできるんだということです。


それって、なにかに似てません?


そう、魔法のネズミ王国ですね。
ということは・・・?


参考にしていただけたら幸いです。

Posted by born1963 : 17:14 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: