トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促145 使い方いろいろ

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促145 使い方いろいろ

2008年4月28日、日経MJに面白い記事がでていました。


豚肉料理が楽しめるレトロ感覚の居酒屋「豚乃屋頑五郎」の話なのですが、
注目はその商品名。


「コラーゲンたっぷり豚足炙り焼き」など栄養をうたったものは当然として
「ボイルソーセージのコブラツイスト」などの奇妙な名前が多く並んでいます。


こういった意味不明のメニューにした訳は、
お客様に楽しんでいただく他、店員の接客技術向上が狙いなんだとか。


つまり、「ボイルソーセージのコブラツイスト」ってメニューに見つけたら
それって何なのよって店員に聞きたくなりますよね。


そういうときに店員がスムーズに、お客様になるほど
とうならせる答えが言えたなら、お客様も楽しいし印象に残る。
店員も自信に繋がるでしょう。


今、メニューの主流は写真入りのものだと思いますが、
それはどんな料理かお客様にわかり易くするためです。


しかし、あれでわかるのは食べ物の外観だけで、
それ以上は推測するしかないのです。


でも、店員と会話できたら、どんな味?とか聞けますよね。
そういう風にツールを考えれば、新しい使い方が出てくるのですね。


以前、キャラクターにボケさせると会話が弾むということを書きました。


キャラクターもツールのひとつですから、
こういう使い方と決め付けるのではなく、
自社の環境に応じた使い方を考えるのが大切です。

Posted by born1963 : 18:48 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: