トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促128 著作権

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促128 著作権

今回は直接販促やキャラクターには関係の無い話なんですが、
2007年12月19日に、非常に面白い著作権に関する最高裁の判断がでたので、
それについて書きたいと思います。

それは53年の映画の著作権消滅が決定したというお話。


もともとはアメリカでミッキーマウスの著作権を守るために
著作権の保護期間を延長したという曰わく付きの法律が始まりなんです。


1960年代、米国の著作権保護期間は56年でした。
ミッキーマウスの初登場作品「蒸気船ウィリー」は1928年の発表ですから、
著作権は1984年に切れるはずでした。

それが1976年には75年(個人作品は死後50年)へと延長されました。
ビジネスも考慮した上で、これを妥当と見る人は多いのです。

で、今度は2003年にミッキーマウスの著作権が切れるはずでした。
しかしまたもやディズニー社などの強い働きかけがあり、
1998年に75年を95年(個人作品は死後70年)に延長する法律が制定されました。
これが、「ミッキーマウス保護法」と揶揄されている法律です。


それに対して、差し止め訴訟が起こったんですけど、
2003年2月にアメリカの最高裁で合憲とされ、成立が確定しました。


それ以降、アメリカは「ベルヌ条約」や「WIPO著作権条約」などの
国際条約加盟国に護期間を延長するよう圧力を強めました。


それを受けて、日本は2003年に映画の著作物に限り
保護期間を公表後50年から70年に延長することになったんです。


そして、この法律の施行は2004年1月1日午前0時からだったんです。


ところが、2003年の50年前1953年と言えば、「ローマの休日」や「シェーン」、
邦画では「第十七捕虜収容所」とか名作が数多くあるんですよね。


しかし配給会社は、わずかの差でこの権利を逃したくないわけです。


映画の著作権というのは、公開された日ではなくて、
公開された年に派生するものらしいのですね。


で、配給会社側はそれをもって1953年12月31日午後12時までの作品を
(つまり1953年公開の作品)この法律の対象になるという主張をしたわけです。


しかし、一審からずっと一環して、法律の対象になる映画は
1954年1月1日午前0時以降と判断されて、配給会社がわは負け続けた。


今回最高裁でも同じ結論がでて、晴れて「ローマの休日」が
500円のDVDで買えるようになるわけですね。


ちなみに、日本ではミッキーマウスの著作権は1978年に消滅しています。
しかし、ディズニーがどっかの幼稚園バスのミッキーの絵を消させたとか、
いろいろとやってますよね。


あれは、著作権ではなく、商標や意匠で登録されているからなんですね。


ですから、非営利で個人が使用する分には、
ミッキーマウスをつかっても大丈夫のハズです。


もっとも、商標を汚すようなことはできないですけどね。


今回は特に何かの役に立つ話ではないですけど、
トリビアとして覚えておいても損はないですよ。

Posted by born1963 : 01:02 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: