トップページ >キャラクター > メールマガジン2> クイズ雑学王より キャラクター販促119

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

クイズ雑学王より キャラクター販促119

さて、今日は2007年10月17日の深夜番組「クイズ雑学王」からです。


クイズは
「日本で最初にケンタッキーフライドチキンが開店したのは
1970年11月21日に名古屋市西区にオープンした「名西店」である。
このときはまだ知名度がないため、店舗の外観からある業種と勘違いして
店に入ってくる人が多かった。その業種とは何か?」
というもの。



店舗は郊外型の一戸建てで、ガラス張り。
屋根はケンタッキーのシンボルカラーである赤と白のストライプでした。


答えは?

「理髪店」

テレビを見ていた人は先刻ご承知でしょうが、
赤と白のストライプがバーバーポール(今の若い人は知ってるかな?
世界共通の理髪店のサイン。赤青白の斜めストライプのポール)
に似ていたというのがその理由です。


で、これはなんとかしなければならないということで、
考えられたのがあのカーネル・サンダース人形だったんですね。


今では行灯看板にも似顔絵が入っていますが、
あの人形は日本が発祥だったのです。


いまでは海外のチェーンにも採用されているようですよ。


実際にカーネル・サンダースはあの白いスーツを着て、
チキンの調理方法を売り歩いたのは有名ですが、
それも第一印象のインパクトを考えてのことだといいます。


せっかくいいキャラクターが実在したわけですから
(カーネル・サンダースはこの時点で存命。1980年没享年90歳)
利用しない手はないですよね。


実際、人形を置くようになってから、
間違われることはなくなったそうです。


あの人形もキャラクター好きの日本人だからこ
そ発想し得たものかもしれませんね。


ライバル店舗というのは、同業他社だけに限らないのですね。
全く違う業種であってもお客様に誤解されることがある。
それって、もったいないですよね。

Posted by born1963 : 11:27 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: