無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

コアラ社長 三たび

97号、99号で取り上げた「コアラ社長の経営戦略」のマルイ不動産さまから
お手紙が届きました。(いい本ですので是非読んでください)


なんだろうと思って封を開けると、シールが数枚。
見れば多治見という文字と変なキャラクターのイラストが。。。



多治見というと、今年8月16日に40.9度の日本最高記録を
74年ぶりに更新した岐阜県の日本一暑い街。


そういえばマルイ不動産さまも岐阜だったな、とお手紙を拝読すると、
あら、マルイ不動産さまも多治見が本店だったのね。


なになに、このキャラクターは「うながっぱ」と言って、
商店街のシンボルの河童と名物うなぎをくっつけて作ったと。


なるほど、アイデアはコアラ社長こと小原社長が出したんですね。


えっ、デザインはあんぱんまんのやなせたかしさんですか!


いや、さすがです。コアラ社長。


このアイデアは素晴らしいです。ベタな組み合わせと言う事なかれ。
よく考えてあります。


普通地方の自治体のキャラクターというと、
名物をストレートに表現するものが多いのです。


例えば、私が住む八街市は落花生の産地ですから、
ピーちゃんとナッちゃんという双子の男女のピーナッツのキャラクターです。


なんのヒネリもないでしょう(苦笑)。


こんな感じでうなぎが名物だからうなぎのキャラクターとか、
河童の伝説があるから河童のキャラクターとかになるのが多いのです。


ところが“うながっぱ”ですよ。
パッと見、変です。でも理解の範囲を超えるほどじゃない。


そして、ネーミングも含めて覚えやすい。


さらにこのネーミングから新たに名物を作ることができる。
“うながっぱ料理”=“うなぎ”+“かっぱ(きゅうり)”


例えば、お寿司の巻物。それぞれ別の細まきはありますから、
両方をいっぺんに巻いてもいいですよね。


想像しても決して不味いものにはならないでしょう。


特に岐阜は関西圏なので、うなぎを蒸さずに焼くはずですから、
相当こってりしていると思うので、きゅうりを一緒にすることで、
さっぱりと食べられるんじゃないかな。


さらに、多治見は毎年の最高気温を出し続けている日本一暑い街です。


それが偶然にも今年は記録を更新したというおまけまで付いて、
名実ともに“日本一暑い街”になったわけですね。


そして、そのニュースが日本中に流れ皆の記憶に残っているうちに、
キャラクターを発表。しかもキャッチフレーズは

「日本一アツイ多治見ではおもてなしもアツイ!」


そしてこの秋、JRと岐阜県が行う「飛騨・美濃じまんキャンペーン
(ぎふデスティネーションキャンペーン)」に合わせて、
「多治見大交流記!」を開催。


完璧ですね。


行政だけでやっていたのでは、こうはならなかったでしょう。


やっぱり、優秀な経営者がおられると、
このようにキャラクターひとつをとっても大きな流れの中で
キッチリとした役割を与えられ、その効果は相乗効果で何倍にもなるんですね。


いや、今回のことは非常に勉強になりました。
小原社長、総務の藤原様、ありがとうございました。


そして、なによりも、私は千葉県在住で岐阜には縁もゆかりもない。
岐阜で商売しているマルイ不動産様のお客にはなりようがない。


にもかかわらず、数ヶ月前にサイトでご著書をご紹介しただけですのに、
覚えていてくださって、このように私の役にたつかもしれないと
こうやって手紙を送ってくださる。


これは、小原社長のお人柄もあるのだろうけど、
実はクチコミを誘発する戦略でもあるのです
(ご本人が意識しているかどうかは別)。


今回はグッズをプレゼントしたというわけではないですよね。
(シールは入ってましたけど)いただいたのは、
主に私のやっている活動に関係する情報です。


でも、嬉しいんですよ。それはモノ以上に心遣いだから。


そうすると、喜んだ私はこうやってメルマガに書いて、
またサイトにも写真をアップして、しかも事あるごとに話しするでしょう。


私の発言力なんてたかだかしれてますが、
それでもネットの無かった時代と違い、
(昔は1人の後ろに70人と言われていた)
メルマガとサイトで3000人くらいの人へメッセージが届きます。


封書一通で、ものすごいパフォーマンスですよね。

ただ、誤解していただきたくはないのは、
こういうことを仕組みとして取り入れるのはいいですけど、
打算的にやってはいけないということ。


なぜか、そういう打算的な考えはお客様に伝わってしまうのです。


ですから仕組みとして取り入れるなら、平等に行いましょう。

それから、これも大切なことなんですが、
コレ読んだ人も覚えているのは「コアラ社長」で、
マルイ不動産の名前じゃないと思います(笑)。


でも「コアラ社長の不動産屋」で探せるわけだから、
その点でもキャラクターは強いですね。


「コアラ社長の経営戦略」増刷が決定したそうです。是非!

Posted by born1963 : 14:27 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: