トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促112 会社自体の価値を高めてくれる

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促112 会社自体の価値を高めてくれる

一度ディズニーランドに行くと、
メルマガだったら数回分のネタは確実に拾えますね。
今日はそんなお話をしようと思います。



実は、今回は8月末の平日、しかも天気もイマイチということで、
密かに空いているのではないかと期待しておりました。


私の知人もかつて、8月最後の日曜日に行ったときは
空いていたと言っていました。


しかし、世の中そんなに甘くないようで、結論から言うと、
十年以上前にお盆に義兄一家と行ったとき以上に混んでいました。


やはり今年は夏休みが2日までと長いことと、
夏季イベントの最終日ということもあったようです。


それと近所のお母さんどうしが子供連れでやってくるという
グループが相当数おられました。(つまり親父はいらない?)


とまぁ、そんなこんなでとても混雑はしていたのですが、
私たちの目的はライド系のアトラクションではなく、ショーを見ること。


ショーなら開演時間の20分程度前に行っても、余裕で見れますし、
プログラムによっては、それほど後ろになりません。


ライド系のアトラクションは、この夏リニューアルした「カリブの海賊」と
私の大好きな「ホーンテッドマンション」くらいが見れたらいいという
気軽なノリでしたので、それほど混雑も気になりませんでした。


ところが「ホーンテッドマンション」はティムバードンの
ナイトメア仕様に衣替えのため休館。


それは仕方ないにしても問題は「カリブの海賊」


午前中はなんと「90分待ち」でした。


「カリブの海賊」と言えば、かつては長くても待ち時間15分。
それほど高い人気のアトラクションではありませんでした。


それが今回のリニューアルで、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を
モチーフにしたストーリーに変更されました。


そうしたら、この人気です。


でも、「カリブの海賊」というアトラクションですから、
できることは知れていますよね。


せいぜい人形や演出、音響が少し変わる程度でしょう。


また、映画のストーリーに準じたからと言って、
映画俳優が出てくるわけでもありません。


たとえ、俳優そっくりの人形でもそれほど人気は出ないでしょう。
(東京タワーの蝋人形館に行列ができたという話は聴きません)


ということは、お客様は映画出演者のレプリカを見たいのではなく、
映画の世界観を楽しみに来ているんですね。


もっと言えば、ゲストはみんな、奇才ジョニー・デップが演じたキャラクター
「キャプテン・ジャック・スパロウ」がどこにいるのか
楽しみにしているわけです。


そのことは、この行列に並んでいる最中にも実感しました。


普通、アトラクションの建物の中に入ったら、外部からは見えませんよね。


ところが、「カリブの海賊」は、行列が奥まで行って折り返す部分で、
窓を大きく開けて外が見えるようにしてあるのです。


ディズニーのアトラクションは、並んでいる時間もアトラクションとして
作ってあるため、外部との接触を廃し、色々な小物や音響等で、
アトラクション本番への期待感を高めるのが常です。


そんな大事な行列の途中に、全く(時代がずれていないからまだまし?)
関係の無いワールドバザールが見え、窓の側には黒山の人だかりです。


やがてその理由がわかりました。


その部分に溜まっている行列が入れ替わるころ、
キャプテン・ジャック・スパロウに扮する俳優さんが登場するという趣向です。


窓の外にいる人達は、アトラクションで並んでいるときに体験して、
もう一度ちゃんと見たくて、窓の外に待機していたのですね。


もちろん、登場と同時に悲鳴のような声援が起こります。

ありえなくないですか?


そこにいる「キャプテン・ジャック・スパロウ」は
かわいい着ぐるみでもなければ、もちろん、ジョニー・デップでもありません。


オリエンタルランドで働いているただの無名俳優ですよ。
──────────────────────────


もちろん、ゲストもそんなことは百も承知で楽しんでいるわけです。
つまり、この場所では、「キャプテン・ジャック・スパロウ」そのものに
人気があるんですね。


おそらく、万が一ジョニー・デップが麻薬等の不祥事を起こしたところで、
「キャプテン・ジャック・スパロウ」の人気には影響ないでしょう。

このことは、キャラクターの持つ力を良く表していると思います。


つまり、キャラクターは年も取らないし不祥事も起こさない。
グッズ展開ができる。わずかなランニングコストで働き続けてくれる。
(ジャックの俳優さんのギャラはデップのギャラの何万分の一でしょう)


そして何より、世界観を共有することで会社自体の価値を高めてくれる。

参考になれば幸いです

Posted by born1963 : 14:31 | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: