トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促110 気持ちの通った関係作り

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促110 気持ちの通った関係作り

3DCG映画の雄Pixerも、人間を主人公にした映画を作るまで
かなりの時間をかけています。


日本の3DCG映画の場合、「ベクシル」等アニメ調にすることで解決したのですね。
やはり、キャラクターに親近感を持ってもらわないと
映画のヒットもおぼつかないでしょうから。



別に、このことは映画に関わらず、
私たちが使う販促キャラクターにも言えることだと思います。


今日、皆さんにご紹介したいのは、『黄金のおにぎり』という本です。


ユニークな視点でビジネス書を小説仕立てにするのが
得意な高橋朗さんの著作です。


この本は、脱サラのおにぎり屋のオヤジがブランドを学びながら
事業を拡大させていくという小説です。


この中にお店を立ち上げた後、アルバイトの女の子を雇ったら、
その女の子が社長にキャラクターを提案するくだりがあります。


これが本格的でフリーター仲間のデザイナーの卵がデザインし、
シナリオライターの卵が設定書を書き、ミュージシャンの卵が
テーマソングを作りました。


ここでポイントになるのが設定書とテーマソング。


設定書というのは、このキャラクターの背景というか、
出身地や趣味、家族、友達、好きなテレビ番組まで設定されています。


そしてその設定にあわせてさまざまシーンのキャラクターが描かれるのです。


キャラクターはお客様と人間関係を築くわけですから、
そのための人間性を作るわけです。


これはイラストのタッチ(見た目の親しみやすさ)同様、
非常に重要な要素です。


さらに音楽は、人の気持ちに入りやすいので
お客様との関係作りに効果的です。


みなさんも「サカナサカナサカナ〜」とか
「きのこのこのこ、元気なこ」とか
口ずさんだことがあるのではないですか?


キャラクターを包装紙等に用いて、お持ち帰りいただいて、
さらにこういうテーマソングなんかがあると、
あなたの商品が必要の無いときでも思い出していただけるわけです。


詳しくは『黄金のおにぎり』を読んでみてください。


すぐに読めて、しかもマーケティングやブランドについての知識が深まる。
笑いもあり、感動的なラストもあり、ちゃんとエンターテイメントしている。


忙しい経営者でもあっという間に読めるでしょう。
参考になるところが沢山あります。
インセンティブの考え方1つにしても大変参考になりますよ。


『黄金のおにぎり』面白い実用書です。

Posted by born1963 : 15:24 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: