トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促102 自分たちが楽しめるものを作る

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促102 自分たちが楽しめるものを作る

先週のメルマガを読んだ方で、3Dに興味を持たれた方もおられるでしょう。
でも、ほとんどの方はサンプル版ですら、入手されていない。


違いますか?

それには理由があります。
これは「心のブレーキの外し方」という本にあったのですが、
3つの理由があるそうです。


一つ目は、自分ができないことを周りのせいにする。
誤解をしないで欲しいのは、たとえ客観的に誰が見てもあなたに責任がなく、
周りのせいだったと言う様な場合でも、例外ではないということ。


二つ目は本題と関係しているので、後ほど。


三つ目は恐怖心。新しいことをやるってのは誰にとっても恐怖を伴います。
実際に恐怖と感じていなくても(深層心理では恐怖心を感じている)、
現状の方がラクですから、なかなか変化できないんですね。

詳しく知りたい方は本題と離れますので、書籍でご確認ください。


では、二つ目の話ですけど、日々の努力を苦痛に感じる場合です。
目標というのは、はるか先にあります。
でも、飛んでいって到達できるものではありません。


イヤでも、一歩一歩歩いていくしかないのです。


しかし、この日々の歩みを苦痛と感じる人は、徐々に魂が乾いてしまうのです。
結果、目標に到達できないということになります。


今日の一歩に喜べない人は、万が一目標に到達できたとしても
その到達を素直に喜べないのだそうです。


だから、今日の一歩を喜べるかどうかが非常に大切なんだそうです。
そして、ここからが本題。


今日の一歩を喜べるためには、楽しいことをやりましょう。


なんのこっちゃ? 販促に関係あるの?


実は、あるんです。


大手の例ですが、バンダイが大人の女性向けキャラクター商品を
成功させたときのことです。


実は大人の女性向け市場というのは、
一般的なキャラクタービジネスの手法が通用しないんだそうです。


バンダイはその市場に向けて、専門チームを作って開拓に乗り出します。


そのチームというのが喜多川さんという女性を中心にしたたった3人のチーム。
このチームに「20〜30代の女性に受け入れられる
ストーリー性のある商品を作れ」と言う指令が下ります。


そこで彼女たちがとった手法が、従来の商品開発のステップを踏むのではなく、

「自分が使いたいもの、欲しくなるもの」

を発掘するという方針で事業開発を進めるというものでした。


実は喜多川さんちょっと前にドラマ化された「のだめ」の大ファン。
そこで、著者の二ノ宮知子さんに会ってみたいと行動を解しします。


二ノ宮さんとの対面にこぎ着けた喜多川さんは、
あっという間に意気投合。
漫画で登場した「マングースのぬいぐるみ」の商品化が決まりました。


この「マングースのぬいぐるみ」は、昨年9月の発売時から、
1万個の予約を確保して大ヒット商品になりました。


続いてWeb漫画「今日の猫村さん」も大ヒットします。


キャラクターを使えば売れるとか、お客様に覚えてもらえるとか、
そのこと自体はいいのですけど、それを自分の趣味じゃないからと
イヤイヤやっていたのでは成功は覚束きません。


あなた自身が楽しむことが大切なのです。


あなたは、「自社のキャラクター」を楽しんでいますか?


自社のキャラクターを楽しめない人が、
他人に楽しんでもらおうとするのはおかしいですよね?


順番としては、まず、

●自分で楽しめるキャラクターを生み出す
(描いてもらう場合でも、自分が楽しむためだったら、色々注文しますね)

ようにしましょう。商売はその後です。

書籍に興味を持たれた方は、是非、お求めください。
たしかMP3ファイルがもらえるはずですので、とてもいいですよ。
「心のブレーキの外し方」


それから、3DCGのサイトですが、
デザイナーなら、まずやってみたいであろう、
フライングロゴの作り方を解説しています。


サイトを見て3DCGに興味を持たれた方は、是非手に入れてください。
Macintosh版はこちらWindows版はこちら

Posted by born1963 : 16:12 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: