トップページ >キャラクター > メールマガジン2> キャラクター販促100 自己統一性

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促100 自己統一性

ついに100号です。やったぁ! (^^)//""""""パチパチ


ということで、これを区切りにして、来週からはもうちょっと気軽に、
販促だけにこだわらず、広くキャラクターについて取り上げたいと思います。


では、最初に3枚ほど連続して、絵をご覧ください。


まずは1枚目
ジャパンだ1


次にこちら
ジャパンダ2


最後にコレ
ジャパンダ3


最後の画像を見て、ああ、見たことあると思った方、多いと思います。
実は、これ、全て、損保ジャパンのキャラクターなのです。


1は、代理店などがチラシ等に自由に使えるキャラクター。
「向き、不向き、前向き」様より引用)


2は、Webで使われているキャラクター


3はCM等、幅広く使われたキャラクターです。
(2.3とも、損保ジャパンホームページより)


みなさん、どう思われました?


3の上戸彩さんのかぶり物は、テレビCM等で散々露出していたので、
損保ジャパン(あるいは保険会社)のキャラとして認知されていると思います。


でも、1とか2とかを見て、同じ会社のキャラクターだとは思わないですよね。
全く別のものだと思ってしまう。


タレントさんの場合、契約が切れたら使えませんけど、
例えば「パンダのかぶり物を被った子」のイラストなら、
上戸彩さんがつかなくなったあとも、継続して利用できますよね。


そして、そのイラストなら、見る人にとっても混乱なく、
同一キャラクターとして認知されると思います。


その後、タレントさんを使うのであっても、この「パンダのかぶり物キャラ」が
認知されていれば、二代目、三代目となるだけで、キャラクターは永続します。


キャラクターとは、お客様に自社のことを覚えてもらうツールですから、
このようにできるだけ統一したイメージを持った方がいいですよね。

是非、参考にしてください。

Posted by born1963 : 14:09 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: