トップページ >キャラクター > メールマガジン1> キャラクター販促073 キャラクター販促の実際

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促073 キャラクター販促の実際

今、本業でキャラクターを使った仕事を2本平行してやっています。


1つは絵本からアニメになった超有名キャラクター。
これはスポンサーが版権契約しているもので、
とりあえず既存の絵を入れてツールをデザインし、
最終的に作者の方が、そのスペースにあわせて描き起こしてくださいます。



もちろんデザインのチェックも入りますが、
レギュレーションを見る限りにおいて、最初にきちんと契約を結べば
(つまり、その商品がキャラクターの世界観を外していなければ)
それほど厳しくはないようです。


それでも、そのキャラクターの世界観を崩さないよう、
また、キャラクターが自らが宣伝しているように見えないよう気を配ります。


借り物ですから、当然と言えば当然ですね。


もう一方は、とあるサイトのリニューアルです。
公開したらお知らせしますが、これは私がキャラクターを描いています。


ぶっちゃけた話30人近いキャンギャルがいて、
彼女たちが出演するキャンペーンの情報を流したり、
彼女たちのブログがメインコンテンツになります。


つまりキャンギャル自体がキャラクターなんですが、
彼女たちの写真をそのままキャラクターとして使うわけにはいきません。


30人近い集団ですし、いくら中心メンバーが決まっているとはいえ、
ホームページで複数の人間の写真をキャラクターがわりに使うのは
非常に使い勝手が悪いからです。


まず写真だとある程度の大きさが必要です。
その上、使うごとに違う写真では見た目にも非常に煩雑になります。
(とは言え、同じ人ばかりを使うわけにはいきません)


そこでキャンギャルのコスチュームを着たキャラクターをデザイン、
ロゴと組み合わせたり、小見出しのアイキャッチなどに使うことにしました。


スポンサーに見せたところ、気に入っていただいて、
印刷媒体でも使いたいというリクエストもいただきました。


受注した仕事にキャラクターは含まれていなかったのですが、
あった方がサイトをデザインする上で便利ですし、
イメージ作りにも役立ちますので、提案してみたのです。


これは少し前に、クチコミを解説した時の「思いがけないサービス」ですね。
(もちろん無料ではありません。サイトだけで初期費用100万、
毎月のルーチンの更新費10万、その他リアルなイベントなど、
大きなプロジェクトですから、やりくりの範囲内です)


そして、こういう提案をすることで値引きを回避することもできるのですね。


以上、参考になれば幸いです。

Posted by born1963 : 19:29 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: