トップページ >よむべき書籍 > マーケティング> 現場主義キャッチコピーの教科書

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

現場主義キャッチコピーの教科書

『「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本』

今までセールスレターの勉強のため、この手の本をたくさん読んできました。
いいと思ったものは、このサイトでもいくつか紹介していますが、
ことキャッチコピーに関してはこの本を超えるものはないです。


著者の中山さんは「キキダスマーケティング」というのを提唱されていて、
実際のお客様から情報を聞き出し、マーケティングに生かしておられます。
この本は、その応用でキャッチコピーに特化したもの。


具体的な質問の仕方、フォーマットや、聞き出した答えから
共感するキャッチコピーを作り出す方法を具体的に言及しています。


それは、本当に具体的で、10の法則を提唱しているのですが、
ここまで教えていいの?ってくらいです。
ただ、当たり前の話ですが、この10の法則のうち、3つくらいは
使いこなすのにかなり高度なセンスが必要です。


だからその3つに関しては、慣れないうちは、使えないでしょうね。
コピーライターの手の内を知る程度のことかもしれません。


とはいえ、残りの7つの法則は、ものすごく簡単で実用的で、
目から鱗の連続です。やる気になったらすぐにできます。


さらに、この本の凄いところはキャッチコピーの作り方にとどまらないところ。
付録の域を出ませんが、ワンポイントで非常に強力な、
売り場の演出方法も教えてくれます。


この本は、言葉に関する教育を受けていない私たちにとって、
すぐにでも役立つ実践本です。


ホームページに限らず、キャッチコピーこそが集客の鍵を握っています。
もし、お客様が共感できるキャッチコピーが作りたいのであれば、
この本を強くお薦めします。マジ凄い本です。



ちなみに、謝辞に最初に名前が出てくるエバーグラフィックの伊藤さん
という方は、メジャーな仕事はそれほど手がけておられないのですが、
ものすごくセンスが良くて、意図的にちょっと外したりするのが、
得意な私が尊敬するデザイナーです。


最近はご一緒させていただいてない(というか、伊藤さんと仕事すると
ものすごく緊張するんですけどね)のですが、
いずれまた、ご一緒させていただければと思っています。

Posted by born1963 : 11:09 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: