トップページ >キャラクター > メールマガジン1> キャラクター販促056 富裕層ビジネスに使えるか?

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促056 富裕層ビジネスに使えるか?

以前、24号で「プライドの高い人が陥る罠」として
キャラクターは高級商品や老舗には馴染まないのでは?
という疑問への私なりの回答を書きました。


今回はその続編というか、富裕層を相手にする商売で、
キャラクターは役立つのかということを考えたいと思います。



そもそも私自身、直接富裕層と呼ばれる方々相手に商売をしたことがないので、
大きなことは言えませんが、富裕層が比較的多い地域のチラシを作ったりして、
その反応から、多少の知識はあると思います。


それと、今回、この題材を書くにあたり、
『小さな会社の富裕層マーケティング』という本を読ませていただきました。


この本を読んで、なんとなくではありますが、
富裕層ビジネスなるものがどのようなものなのか、
なんとなく理解できました。


結論から言うと、(どんな場合でもそうですが)やり方次第で使えます。


例えば、富裕層ビジネスというと、高額商品を思い浮かべるのですが、
富裕層といえども、日常生活はあるわけです。


ですから、その部分に関しては庶民と大きく変わることはないわけですね。


となると、そういう日常生活に密着した商売であるならば、
キャラクターは非常に強力なツールになります。


例えば、この本でも、単価数百円の富裕層ビジネスとして
紹介されている「靴みがき隊」などは、キャラクターを取り入れています。


靴磨き、靴修理のデリバリーサービスなんですが、
車のボディに大きくキャラクターと社名が入っています。


この車で富裕者層が住んでいる地域を巡回しつつ、
ポスティングしていくわけですね。


で、車を見かけた人は記憶にのこりますから、そのあと、
ポストにチラシが入っていたら、用があれば電話しますね。


そうやって顧客を獲得していったんですね。
これは富裕者層あいてでも、キャラクターは充分役立つということですね。


もちろんこれは廉価なサービスですが、
高級品だってやり方次第です。


24号ではお寿司屋さんやお茶屋さんという例をとりあげましたが、
もっと高級な貴金属店でだって使えます。


ヒントは35号で取り上げているアフラック。


もちろんあのまま使えるわけではありませんが、
要は大人が恥ずかしくなく手に取ったり、見ることができれば良いわけです。


たとえば、先ほどの貴金属店の例で言うなら、
ショーウインドウにアンティークのティディベアを飾る。
そしてラッピングもそのティディベアのデザインを用意する。
それだけです。


あとは通常のキャラクター販促と同じように、
このアンティークのティディベアを前面に押し出して使えばいい。


クリスマスのショーウインドウには、
ティディベアにサンタの帽子をかぶせてプレゼントを持たせる。
そうしておいて、お客様にそのイメージのカードを送る。


いくらでもできますね。


もちろん、ティディベアのストーリーも考えておきましょうね。
お客様から質問されたときに困らないように。


いかがですか?
その貴金属店でたとえ1000万円の商品が売っていたって、
全然おかしくないでしょう?


逆に貴金属だけを陳列しているお店より、センスの良さを感じませんか?


参考にしていただければ幸いです。

Posted by born1963 : 01:11 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: