トップページ >キャラクター > メールマガジン1> キャラクター販促号外13 キャラクター販促のキモとは?

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

キャラクター販促号外13 キャラクター販促のキモとは?

これで52号であげた7つのベネフィットのなかで


5.お客様との会話のきっかけになります。
6.販促イベント等のアイデアが生まれてきます。


という2つの項目の説明が済みました。
なぜこの項目に注目したかというと、やはり説明がないとわかり辛いから。
残りの5つは見れば、大体意味がわかりますからね。


それにこの2つは、販促を考える際のキモになりますからね。
ではそのキャラクター販促のキモって何でしょう?


このメルマガは解約率が低く(積極的に読者増に取り組んでいないので、
増加も少ないですが)最初から読んでいる方も多いと思います。


そういう方は、もうお気づきだと思いますが、
もうずっと同じコトを手を替え品を替え説明しているだけなんですね。
それがキャラクター販促のキモでもあります。


それはなにか?


キャラクターを使って目立つ(差別化)ことと、
会話のきっかけ作りに利用すること。


この2つです。


キャラクターの作り方、発注の仕方といったことは、
差別化に関係しています。


かわいいから猫ですと言っても、キャラクターとして成立しません。
闇雲に作っても意味がないから、そのあたりのことを説明しているわけです。


名刺に入れましょう、看板に入れましょう、やるからには徹底しましょう
というのは、お客様との会話のきっかけ作りですね。


その方法をさまざまなケースでご紹介してきたわけです。


ですからキャラクター販促と言っても、なにも特別なことではありません。
お客様に他社に先がけて覚えていただく、そしてお客様と関係を作る。
そのためにキャラクターを活用しましょうということです。


今、「ブスの瞳に恋してる」というドラマが人気で、
原作の本もベストセラーですが、あのヒロインのように、
私たち一人ひとりが押し出しの強い強烈なキャラクターを持っていれば、
販促キャラクターなんて必要ありません。


もちろん一人ひとりの人間は個性的で、必ず他の人と違うところがあります。
しかし、それを探し出して前面に押し出して、自分を売り出すというのは、
芸能人でもない私たちには難しいですよね。


また、個人商店ならいざ知らず、会社組織やチェーン店となると、
一人ひとりの個性に頼るわけにはいきません。
組織としての顔が必要になってきます。


だから、その顔の役ををキャラクターにやってもらうわけですね。


ということで、今回はちょっとまとめてみました。

Posted by born1963 : 00:46 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: