トップページ > 2006年05月

キャラクター販促051 物語でお客様を巻き込む

GW前のことですが、私が企画に携わった展示会が終了しました。
4年に一度開かれる、その業界ではもっとも大きな展示会です。



私がお手伝いしたのは、その展示会の最大ブース、
業界最大手の会社です。


そういう大きな仕事になると、受注は当然コンペということになります。
いくつかの会社が企画と予算を提示して、1社に決まるというものですね。


当然、予算が安い方がいいのですが、先方の予算内であれば、
少々割高になっても、企画が良ければ採用されます。


この時も何社かのコンペだったのですが、
私たちの企画が採用されました。


このときの企画書に取り入れたのが「物語」です。


具体的にどのような企画書だったのかは、
私の商材「一晩でできる企画書の書き方」をご購入いただいた方に、
後日レポートにして特別にお知らせしますが、
このメルマガでもエッセンスだけ公開しますね。


「一晩でできる企画書の書き方」
→ http://yukaina.net/2005/11/post_7.htm


今、書店でビジネス書を見ますと、
やはりダイレクトレスポンスマーケティング関係のものが多いですね。


今年に入ってからは、とくにセールスレターや
コピーワークと言った、売るための文章の書き方が流行っているようです。


私も本は好きなので、その手の本も数冊読んでいます。
そして、それらの本の考え方が大きく2種類あるんですね。


一つは「ロジック」で考えるというもの。
説得術というのもこの分類に入るでしょう。


もう一つは「物語」で訴えるというもの。
「感動」や「演劇法」もこっちの分類に入ります。


「ロジック」の方は、物事を単純なものに分解し、
論理的に組み立て直して、順番に説明すれば説得できると言います。


「物語」の方は、ストーリーとメッセージで感情移入させれば、
商品は売れると言います。


互いに相反することを言っているんですね。


でもね、どっちも間違っていないのです。


書籍というものは、主張が明確でないと売れません。
ですからどちらかに軸足を置いて、そっちをクローズアップにするのです。


では、実際のところはどうなのか。


私の経験から言うと、
「人は感情で購入を決定し、理屈で自分自身を納得させる」のです。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ものすごく重要ですよこれ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑


ですから、最初にお客様の感情を揺さぶる、
あるいは、物語に巻き込むのが大切なんですね。


ですから前述の企画書も、冒頭で通常サマリーを見せる部分で、
簡単な物語を作って、その企画のコンセプトにしたのです。


物語に引き込んでおいて、ロジカルに企画の内容を説明しました。
そうすると、少々突飛なアイデアでもすんなり受け入れていただけるのです。


キャラクターを販促に使うときも、ただ単にキャラクターに
「お得ですよ」と言わせるのではなく、
そのキャラクターに物語を語らせるのがポイントになってくるんですね。


具体的には、その商品をお客様が使っているところを
想像させるようにしむけるのです。


キャラクターが使ってみせて、どう感じたかを言ってもいいですし、
キャラクターに「さぁ、手に取ってご覧ください」と言わせてもいい。


人間がやれば抵抗されるようなことでも、
キャラクターがやれば、それほど抵抗を受けないこともあるんです。


是非、試していただきたいと思います。

Posted by born1963 : 01:48 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

キャラクター販促号外11 カラーリングの基本もシンプル

デザインの基礎、カラー編です。
テクニックやTipsではなく、誰にでも役立つ基本についてご説明します。


カラーリングもデザインの一部だと考えると、
やはりそれは機能的でなければなりません。


情報を伝える補助がデザインの役割なのに、
奇抜な色使いや、あまりにも多くの色を使いすぎて
見る人が疲れてしまっては本末転倒です。


特にホームページはモニターで見ます。
当然、モニターはそれ自体が発光していますので、
他の媒体よりも見る側に負担がかかります。


奇抜な色使い、特に補色(後ほど説明します)を用いると、
目がチカチカして見る気がなくなります。


では、どんな色がいいのか?具体的に説明していきましょう。


まず、先ほどの補色について説明しますね。
補色とは色合いが正反対の色の組み合わせのことです。


一番強烈なのが「赤」と「緑」。
次に「紫」と「黄」の組み合わせです。


  黄
 橙  黄緑
赤    緑
赤紫  青
  紫


こんな風に色が輪状に並んでいるのを見たことがあると思います。
これを色相環といいますが、この色相環の対面する色が補色です。


この色の組み合わせは、互いの色の個性を潰しあって
色が汚く見えるか、ハレーションを起こします。
ですからこの対面する色の組み合わせを使わないというのが原則です。


えっ? クリスマスは緑と赤だって? 確かに。
しかし、あれには非常に高度なテクニックが使われています。
それは後ほど解説します。まずは基礎からですよ。

補色がダメだとすると、普通、正反対のことをすればいいと思いますね。
そう思った方、正解です。


単純に言えば、色相環で隣り合う色の組み合わせか、
同じ色相で濃度(明るさ)を変えたものの組み合わせが使いやすいです。


初心者のうちは、隣り合う色を使う場合は基本2色、
同じ色相で明るさを変えたものの組み合わせなら3色使うといいでしょう。


これ以上たくさんの色の組み合わせは初心者には難しいと思います。
この基本カラーだけでも、充分きれいに美しくまとまります。


ゆかいな販促実践会のこのサイトも、この基本を守っています。


白と黒を除けば、同じ色相で明るさを変えた3色ですね。
ベースカラーのピンクに、見出しに使う濃い赤、
それからサイドメニューのタイトルバックの赤のグラデーション。


そして色には、それぞれ色の持つイメージがあります。


青系は冷たく涼しげな感じ。転じて知的な印象ですね。

赤系は暖かく前に出て見えます。転じて情熱的な印象です。

緑系統は自然を想起させる爽やかな印象です。

紫系は日本ではあまり使われません。ちょっと刺激的な印象があります。


みなさんの商売のイメージにあう色を選ぶだけで、
場合によっては売上まで変わってきます。
飲食店で青系を使うと、客足が遠のきます。

ということで、ここまでが基本。


ゆかいな販促実践会のサイトの説明で、あれっ? と思った方、正解です。
実はもう1色、アクセントカラーとして青紫を使っています。


ここからが応用編。
このアクセントカラーというのがポイントで、
色選びにコツがあります。


アクセントカラーは「補色に近い色を選ぶ」


これが原則です。


「補色に近い色」というのは、色相環で真向かいではないけれど、
はす向かいくらいの感じですね。


ゆかいな販促実践会の場合、ピンク(赤)に対する青紫です。


ここにクリスマスカラーのなぞがあるんですが、
クリスマスカラーの場合、色相環では真向かいなんですが、
鮮やかさが違うのです。


クリスマスカラーの緑は鮮やか緑ではなく、かなりくすんだ緑。
そして、赤との間に白が入ってクッションになっています。


そうやって色の衝突を避けながら、メリハリのついた
にぎやかな色使いに成功しているのです。


ですから皆さんがデザインするとき、同系色2〜3色。
それで物足りなければ、アクセントカラーをプラス1色。
そういう風に覚えてください。

Posted by born1963 : 01:38 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

この1冊だけで、セールスレターが手に取るように分かる

『成約率が20倍になったセールスレターの秘密』

ブログやメルマガ、アフィリエイトに情報商材と、この手の本はたくさん出ています。
しかし、この本ほど分かりやすく、しかも即、行動に移せる本はないでしょう。


一言で言って、セールスレター型のホームページの文章術なんですが、
イラストもかわいらしく、とても読みやすい。
しかし、公開しているノウハウは、目からウロコ。


まず、本当の基本がとても大切にされていること。
それこそなぜセールスレターなのかという部分から書かれています。


それでいて読み進むうちに徐々に内容は高度になり、
最後は、超高度な催眠誘導に近い心理学を用いた文章術まで
順を追って説明されているのです。


それでいて、1文1文がコンパクトで、とても読みやすく、分かりやすい。
分かりやすく書くというのは、ものすごく高度な技術で、
本当にその本質がわかっていない人には決してできないことです。


それくらい分かりやすくかいてありますから、
逆に、今まで類書を読んだことがあるけど実践したことがない人などは、
読み流してしまうのかも知れません(笑)


とにかく、ここ数ヶ月、意識的に文章に関する本を読んできたなかで、
間違いなく一番お勧めできる書籍です。


『成約率が20倍になったセールスレターの秘密』


ネットに関わらず、普通のビジネスマンがプレゼンの組み立てを考えるとき、
商店主がチラシの文面を考えるとき、通販業者がDMの文面を考えるとき、
ビジネスで文章を取り扱う機会がある人全てに読んでほしい書籍です。

Posted by born1963 : 01:32 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

キャラクター制作 Q&A

■支払い・商標・著作権などについて

01.守秘義務について教えてください。
02.請求書 (領収書) の発行は可能ですか?
03.カードでの支払いは可能ですか?
04.キャンセルはできますか?
05.納品されたマークの著作権・使用権はどうなりますか?
06.商標調査や商標登録をお願いできますか?
07.商標登録の際、類似が認められたのですが。
08.採用・決定したマークの保存期間は?


■制作内容・制作過程について

09.同業者なのですが、注文はできますか?
10.英文表記以外の外国語表記は対応していますか?
11.打ち合わせ (面談) をしてほしい。
12.取材メールの他に、参考にしてもらいたい資料がある。
13.制作途中で内容を変更したい。


■デザインについて

14.デザインの具体的なイメージが浮かばない。
15.手書きのタッチがほしい。
16.テレビゲームのような立体的な3Dキャラクターがほしい。
17.既存のキャラクターを修正してリデザインしてほしい。
18.既存のキャラクターに合うイメージ (色) で新事業のキャラクターを注文したい。
19.キャラクターを各支店で色分けしたいので、カラー展開を提案してほしい。
20.提案されたデザインが気に入らない。
21.提案後の修正を、2案の折衷案としたい。
22.マシンやモニターの種類によって色の見え方が違う。
23.採用したいデザインが2点ある。


■ロゴ以外の制作物・トータルブランディングについて

24.キャラクターアニメーションを注文したい。
25.ネーミングを注文したい。
26.出来上がったマークを使って、印刷物(パンフレット・ポスター・広告など)を制作したい。
27.出来上がったマークを使って、看板や社用車などに展開したい。
28.出来上がったマークを使って、ホームページもリニューアルしたい。

 

■支払い・商標・著作権などについて

01.守秘義務について教えてください。
ご提供する制作物、またそのための資料に発表前の守秘が必要な場合、情報の保管には厳重に注意しております。また個人情報につきましては、お客様のプライバシーを第一に考え運営しており、お客様情報を商品発送業務以外に用いたり、第三者に流すようなことは絶対にしません。
02. 請求書 (領収書) の発行は可能ですか?
可能です。取材メールにその旨を明記してください。請求書 (領収書) を発行、郵送いたします。
03. カードでの支払いは可能ですか?
申し訳ございませんが、現在クレジットカードによるお支払いはお受けできません。ご注文時に提案料、納品時に残金を、指定口座にお振込みください。
04. キャンセルはできますか?
提案料ご入金前のキャンセルについては可能です。キャンセル料も一切かかりません。 提案料ご入金後のキャンセルはいかなる場合もお受けすることができません。また、返金もお受けすることはできません。
05. 納品されたマークの著作権・使用権はどうなりますか?
納品されたマークの著作権は藤谷芳浩に帰属します。使用権は、お客様からの納品料の振込をもって、お客様に譲渡いたします。ただし、キャラクターの改変や二次著作物の制作は許諾しておりません。また、当会のサービスを告知するホームページや広告において制作事例として公開させていただく場合がございます。
06. 商標調査や商標登録をお願いできますか?
当会では、ロゴマーク商標調査、登録に関する一切の代行業務はいたしません。弁理士の紹介も行っておりませんのでご了承ください。
07. 商標登録の際、類似が認められたのですが。
制作するマークにつきましては、完全なオリジナルのデザインとなっております。ただし万が一商標権調査等の際に類似や抵触の恐れが認められた場合、納品より3ヶ月以内に登録不可の証明書を以てのお申し出であれば無償にて修正・変更をいたします。
08. 採用・決定したマークの保存期間は?
原則当会にて1年間データ保管をいたします。万が一の紛失のために、複数メディアにて納品をご希望の場合はオプション(別料金)にて承りますのでお問い合わせください。

■制作内容・制作過程について

09. 同業者なのですが、注文はできますか?
可能です。再販売もできます。ただし、制作実績として当サイトに掲載させていただく場合がございますのでご了承ください。
10. 英文表記以外の外国語表記は対応していますか?
外国語表記については、英文のみとさせていただきます。
11. 打ち合わせ (面談) をしてほしい。
できるだけ廉価にサービスをご提供するため、メール対応によるサービスとさせていただいております。
12. 取材メールの他に、参考にしてもらいたい資料がある。
ご注文フォームご記入時にその旨ご明記の上、藤谷宛に送付いただければ承ります。その際の送料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。資料が届いた日から二週間後のご提案になります。
13. 制作途中で内容を変更したい。
申し訳ございませんが、再度新規にご注文していただく必要がございます。

■デザインについて

14. デザインの具体的なイメージが浮かばない。
問題ありません。取材メールにて具体的ではなくてもイメージキーワードとしてチェックいただければ、こちらで汲み取った上で制作に入らせていただきます。
15. 手書きのタッチがほしい。
可能です。ご注文時に明記の上、具体的なタッチイメージなどお知らせください。
16. 3Dのような立体的なキャラクターがほしい。
基本的に各コースでご提案するキャラクターは2Dとなります。3Dをご希望の場合はオプション (別料金、プラス\300,000) にて承ります。ご注文時にその旨ご明記ください。
17. 既存のキャラクターを修正してリデザインしてほしい。
事前に前製作者の許諾を取っていただきます。その上で各コースにて承ります。ただし、料金は変わりません。
18. 既存のキャラクターと合うイメージ (色) で新事業のキャラクターを注文したい。
事前に前製作者の許諾を取っていただきます。その上で既存のイメージに合うキャラクターをご提案いたします。ご注文時に資料有りとご記入の上、藤谷まで資料を送付してください。その際の送料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。
19. マークを各支店で色分けしたいので、カラー展開を提案してほしい。
オプション (別料金) にて承ります。デザインの視点からカラー設定させていただきます。
20. 提案されたデザインが気に入らない。
ご提案後の修正の時に、的確なご指示をいただくようお願いいたします。また、修正ではなくデザイン追加の場合は別途料金となります。
21. 提案後の修正を、2案の折衷案としたい。
基本的にご提案するキャラクターは、組み合わせによる展開などを考えて制作されておりません。それぞれに細かいデザイン意図が盛り込まれているからです。ただし、お客様が折衷案をご希望の場合はご相談の上承ります。
22. マシンやモニターの種類によって色の見え方が違う。
モニターによる発色は個体差がありますので、あらかじめご了承ください。また印刷物の色調につきましては、お客様にご提案時にプロセスカラーによる通常印刷を前提としたCMYKの設定値を明記します。お手数ですがお客様がお付き合いされている印刷業者様などにご確認ください。
23. 採用したいデザインが2点ある。
各コースとも納品されるキャラクターは1セットとなります。もし、2セット以上採用いただく場合は、別途料金にて承ります。また、不採用の案については、納品されない以上使用権は藤谷にありますので、ご使用はお断りさせていただきます。


■キャラクター以外の制作物・トータルブランディングについて

24. キャラクターアニメーションを注文したい。
藤谷は3DCGのキャラクターアニメーションの著作を有し、2DのFlashアニメーション制作の実績もありますので、お問い合わせ・ご相談ください。大規模なアニメーションの場合は、協力会社をご紹介させていただく場合もあります。
25. ネーミングを注文したい。
当会では、商品やサービスに対するネーミング開発は行っておりません。
26. 出来上がったマークを使って、印刷物 (パンフレット・ポスター・広告など) を制作したい。
藤谷は、グラフィックデザイン業務に20年以上携わっております。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。責任を持って展開のご提案をいたします。
27. 出来上がったマークを使って、看板や社用車などに展開したい。
藤谷は、看板などのデザインや商業車デザインの実績も多数ありますので、お問い合わせ・ご相談ください。責任を持ってロゴマーク展開のご提案をいたします。
28. 出来上がったマークを使って、ホームページもリニューアルしたい。
藤谷は、WEB制作の実績も多数あります。リニューアルではなく新規制作の場合も、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。MovableTypeを使用し、お客様ご自身で更新作業ができるブログサイトをお勧めいたします。


FAQに掲載のないご質問がございましたら、お問い合わせページにて受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


Posted by born1963 : 19:38 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

キャラクター制作サービス内容

「ベーシック」「スタンダード」「スペシャル」の3コースよりお選びいただけます。

「ベーシックコース」150,000円

制作内容詳細
キャラクターのみを制作します。
デザイン案の提案数は2案となります。
デザイン案に対する修正可能回数は1回。
納品データは、指定アドレスからのダウンロード形式でお届けします。


「スタンダードコース」300,000円

制作内容詳細
キャラクター+キャラクターマークを制作します。
デザイン案の提案数は3案となります。
デザイン案に対する修正可能回数は2回。
納品データは、CD-Rと出力をファイリングしたものでお届けします。
キャラクターの使用マニュアルを作成します。


「スペシャルコース」400,000円

制作内容詳細
キャラクター+キャラクターマーク+ロゴタイプを制作します。
デザイン案の提案数は3案となります。
デザイン案に対する修正可能回数は2回。
納品データは、CD-Rと出力をファイリングしたものでお届けします。
キャラクターの使用マニュアルを作成します。


制作物・納品物について。
■制作物
サンプル
a.キャラクター(「ベーシック」「スタンダード」「スペシャル」各コース)
b.キャラクターマーク(「スタンダード」「スペシャル」各コース)
c.ロゴタイプ(「スペシャル」コース)
※コースにより制作内容は異なります。詳細は各コースのページをご覧ください。


価格について。
できるだけ廉価にサービスをご提供できるよう、パッケージにいたしました。

私がカーコンビニ倶楽部のキャラクターを描いた時、その譲渡価格は250万円でした。そのときとは様々な条件は異なりますが、いかに廉価でのご提供かおわかりいただけると思います。


それでもネットには数万円でキャラクターを描いてくれるというサービスがあります。安ければいいという方は、どうぞそちらをお訪ねください。



まだ読んでます?


じゃあ、まだ読んでくださっている人にもう少しだけ。


ちょっと考えていただきたいのですが、年収350万円のキャリア数年のデザイナーを雇うのにいくら必要だと思います?


経営者の方ならおわかりになるでしょうが、PC、ソフト、厚生、そのほか経費を計算すると1,000万円必要です。


つまり数万円では、キャリア数年のデザイナーが、考える時間を含めてたった1日で完成させなければ割に合わないのです。


あなたの事業をシンボライズするキャラクターが、
キャリア数年のデザイナーがたった1日で作ったものでいいのかどうか?


数万円のキャラクターが適切な価格かどうか?
賢明なあなたならおわかりですね。



お申し込み
ご利用規約をよくお読みのうえ、「注文ボタン」を押してください。

■ 当サービスの利用制限
当サービスの利用、提供が可能な地域は、日本国内に限定します。

■ 本規約の承諾
当サービスのご利用は、本規約を熟読のうえ本サイト 〈ご注文フォーム 〉よりお申込みください。お申込みのお客様はすべて本規約をご承諾のうえ申込み手続きを行ったものとします。

■ 売買契約の成立
お客様が本サイト内で発注手続きを行い、当サービス料金のうち提案料75,000円を入金された時点で、お客様と藤谷との間で売買契約が成立するものとします。

■ 制作期間
当サービスの企画および制作期間は売買契約成立時より2週間程度をいただきます。ただし、お客様のご都合により、意思表示のご回答の遅延による場合はこの限りではありません。
なお、この期間には藤谷宛てに必要な情報が届くまでの期間、藤谷から提供するデザイン等を発送して、お客様に届くまでの期間は除きます。また、宅配業者の事情、交通事情、天災地変、年末年始、中元歳暮時期等の事情で、納品が遅れる場合があることをご承諾いただきます。
上記を除く、受注の集中などで品質に影響を及ぼす場合等、やむを得ない事由で制作期間の延長、納品が遅延となる場合はお客様にあらかじめ、お知らせしてご了解を得ることとします。

■ 契約について
1.当サービス利用申込み後の取消しは、本規約で売買契約成立とする時期を超えた場合は原則としてできません。お申込み後および納品後の、提案料・納品料の返還は一切行いません。
2.お客様と藤谷との正式契約が成立する事前のお申込みで、藤谷の提供するサービスが不適合と判断された場合は、弊社はお申込みを取り消すことができます。
3.お客様が本規約に違反した場合、その他相当の理由があると藤谷が判断した場合には、売買契約成立後であっても、お客様と藤谷間の契約を取消すことがあります。
この場合は、お客様が指定したメールアドレスに、ご連絡をいたします。なお、利用料金の返還は、お客様の指定する金融機関(郵便局を除く)にメール送信の日の翌日より10営業日以内に、振込み手数料を除く利用金額を返金、お振込みいたします。本契約の取消しは、振込み日を以て、成立とします。

■ 著作権について
当会では、キャラクターおよびロゴタイプデザインの企画、制作のみを承っており、納品いたしましたキャラクターおよびロゴタイプデザインの著作権は藤谷芳浩に帰属し、使用権は、ご決定のお返事をもって、お客様に譲渡させていただきます。また、キャラクターの改変や二次著作物の制作は許諾しておりません。
※当会キャラクターおよびロゴタイプデザイン制作のサンプルとしてサイト上、パンフレット等で公開させていただく場合があります。 公開の時期につきまして、お客様のご意向がありましたら、納品時にお知らせください。

■ 商標登録について
商標登録等にかかわる、商標権調査、出願手続き、弁理士の紹介等は当会では受付けておりません。お客様で行ってください。また、お客様のキャラクターおよびロゴタイプのオリジナルデザインを弊社では、ご提案させていただいておりますが、万が一、商標権調査にて著作権に類似または抵触の恐れがあります場合は、無償にて修正をさせていただきます。
※この場合、お客様のいかなる損害も一切の責任は負いかねます。ご了承ください。

[お申し込み]


Posted by born1963 : 19:25 | Trackbacks (0) | Page Top ▲