トップページ > 2006年02月

45 ひねりを利かせるということ。

私がこのメルマガで提唱しているキャラクターというのは、

マンガやアニメのキャラクターと違って、あなたの商品や会社のロゴと一緒に

掲載されるイラストのことです。


ちょっと考えれば分かりますが、キャラクター大国ニッポンと言えど、

全ての社名ロゴや商品ロゴにキャラクターが付いているわけではありません。


でも、個性的なキャラクターが付いていれば、記憶に残る可能性は高まります。

例えば、あなたの名刺に犬や猫以外の動物のキャラクターが入っていれば、
もらった人は、気になりますよね。

それがカメだったら、「カメお好きなんですか?」とか聞きたくなるでしょう。

そこで、「いえ、一歩一歩、ゆっくりでもいいから、
歩んでいこうという気持ちを表しています」とでも答えれば、
相手の方の記憶に「カメ=ベタなヤツ」と残るでしょう。

そういう風に、キャラクターは非常に強力なツールなんですが、
実は、印象に残らないキャラクターというのもあります。

例えば、スーパーマーケットのキャラクターが野菜や果物だったら?

自動車工場のキャラクターが自動車だったら?

不動産屋のキャラクターが家に顔がついているものだったら?

あまりにもありきたりすぎると見ていても見えないという状態になります。
前段に書いた“不要な情報”として“カット”されてしまうのですね。

だからちょっとしたひねりが必要になります。
例えばカーコンビニ倶楽部の魔女。

日本だけでなく世界で始めて自動車業界のキャラクターとして登用されました。
魔法のような技術というところから来ているのですが、
類似するものが全くありませんので、記憶に残りますね。

かといって、なんの関係もないものを利用しても、
お客さまの混乱を招くだけです。

例えば、あなたが八百屋さんで、ペン先のキャラクターを利用していたら、
ひょっとして八百屋さんをやりながらマンガ描いている人
(あるいは何らかのライターや編集者)かなと周りの人は思うでしょうね。

ですから、まったく無関係でもだめなんですね。

だから、カーコンの魔女はオープンカーに乗っているんですよ。

もし、あなたがキャラクターをつくるのなら、
あまりにもあなたの職業そのものは避けるべきです。

しかし、あなたの職業を示すものをワンポイントで取り入れるとか、
全く無関係にならないように注意しなければなりません。

Posted by born1963 : 19:30 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

ネットでビジネスをする人の必読書

『アメリカ発インターネットで儲ける教科書』

この本には、他に適切な言葉が浮かばない。それくらい良くできた書籍です。

この手の書籍はパラパラッと読んで何となく分かった気になる本が多いのですが、
この本は違います。正体不明の情報に踊らされないための方法に始まり、
ネット初心者から上級者に至るまで、そのレベルに応じて、
具体的な行動を促す販売テクニックや方法論が展開されています。

挙げ句の果てに広告の効果を確認するための利益計算まで折り込んで説明しています。

そしてアメリカ発ということですが、著者が日本人ということもあり、
翻訳本の様に読むのに苦労するということもありません。

本当に無駄なく、理路整然と書かれてあるため、さっと読めば2時間程度で読めるでしょう。
しかし、手元において自分のサイトを確認しながら、読み出すと、
1日をかけても終わらないくらい、修正すべき箇所が出てきそうです。

ほんと、文句なくオススメの書籍ですよ。

Posted by born1963 : 17:45 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

本田健さん原作の絵本!

『ちょハピ!』

いいですよ〜、これ。プレゼントにも最適です。

絵本というより一コママンガ集といった趣なんですが、その一コマが素晴らしい。

ありがちな斜に構えた風刺ものではなくて、また、
教訓めいたものでもないんですけど、ピリッとしていて、
ときにはホロッとくるような、それでいて、ウンウンとうなずきたくなる
そんなマンガです。

もちろん本田健さん原作ですから、幸せやお金に対する知恵が一杯。
デスクサイドに置いて、気が向いたら眺めてみるというのに最適かもしれません。

『ちょハピ!』
買っときましょう。

Posted by born1963 : 12:05 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

とても濃いブランディングの教科書

最近読んだ本の中で珠玉の一冊と言えるかも知れない。

それが、この『パーソナルブランディング』です。

サブタイトルが“最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す ”とあり、
さらに小さく“実践マニュアル”とあります。

つまり、「自分ブランド」を作り出すマニュアルなのです。

マニュアルですから、一般的な読書の楽しみは得られません。
その代わり、本書は徹頭徹尾具体的であり、実践的です。

ともすれば、概念的でありイメージの描写で終わってしまうことがが多い
ランディング本の中では、異例かつとても親切な書籍です。

「マニュアル本」といってしまうと、軽薄な印象を与えてしまいますが、
そうではなくて、これ一冊でパーソナルブランドの構築は可能だと思える程、
広範囲かつ深い考察で、示唆に富んだ用意周到な完全なガイダンスといった趣です。
それだけにこの書籍の内容を全てこなそうと思うと大変です。

ぶっちゃけた話、パーソナルWebページのところだけでも、相当濃い内容ですし、
ここまでの内容を押さえたWebサイトを持っている個人は、そういないと思います。

ですから、いきなり書かれている全てに取りかかる事ができなくても、
細かくトピックが分かれているので、できるころから少しずつ始めていくだけでも、
それなりの効果が得られると思います。

『パーソナルブランディング』
あらゆるビジネスマンにお勧めの書籍です。

Posted by born1963 : 11:59 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

一人さんのお弟子さん宮本真由美社長の処女作

年末に出ていたらしいのですが、どこにも売ってなくて、

今日、電車で寝過ごして、迂回して出社する途中、

乗り換え駅の書店で見つけたのがこの本。

「斎藤一人億万長者論」

電車で寝過ごしたおかげでこの本を見つけることができたなんて、
ついてる、ついてる!

この本の内容は基本的に、他のお弟子さんと大きく変わるものではありません。

でも、微妙に違うんですよ。

この本は、なんてのか、保育士さんが書いたようなホンワカした雰囲気があるのです。
噛んで含めたように分かりやすくて、30分で読めて、
余計な事が書いてないので、すっと腑に落ちる。

しかもCDが2枚もついてるので、とってもお得です。
そのCDの感想ですが、いやぁ〜、やっぱりライブはいいっ!

斎藤一人塾のテープは書籍に付いているものと違って、
一人さんが塾生のために吹き込んだオリジナルなんですね。

ですから、事務所だったり、ホテルだったりで吹き込んでいるので、
わりと淡々としています。

それにひきかえ、書籍についているCDはほとんどがライブの録音。
ですから、一人さんもトークのノリがちがうんです。

特に「斎藤一人億万長者論」のCDは、私も参加した講演会とほぼ同じなんです。

ですから、自分が参加した講演会を思い出して、より頭に入りますね。

録音された場所こそ、名古屋の講演会だったみたいですが、演目は同じ。

さらに驚いたことに、ライブで講演を聴いていたときは
アドリブだと思っていたところも、ほとんど同じでした。

つまり、みなさん、ものすごく練習なさってから講演しているということ。

それぞれ、別々の会社を経営し、全国バラバラに住んでおられるのに、
この講演会をするために、集まって何度もリハーサルをしておられるんですね。

これって、ものすごいことですよ。

年収数億円という社長達が10人もあつまって、1円にもならない講演会の練習をする。
まるかん販売店さんと、お客さんへの愛情がなければできることではありません。


さらにこの講演会のCDには、他の書籍と違って、お弟子さん達の講演も入っています。
これまた、希少価値ですよ。みなさん、表に出る方ではないですから。

そしてお弟子さん達の講演を聴いて思うのが、本田健さんが言った、
「成功者はスピーチが巧い」というのは本当だと言うこと。

面白いし、滑舌は下手なタレントよりいいし、驚きますよ。

オススメは千葉社長。抱腹絶倒間違いなし。


千葉社長の話で大笑いしたあとに、一人さんの「幸せの道」で感動する。
というのがいいかもしれません。

Posted by born1963 : 11:52 | Trackbacks (0) | Page Top ▲