トップページ >キャラクター > メールマガジン1> 42 お客さま自身がわからない本音

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

42 お客さま自身がわからない本音

今日は、ちょっと視点を変えて、キャラクターにはこんな効能もあるんだよ
というところをお伝えします。


それは、お客様の本音を聞きだす力があるってこと。

よくファミリーレストラン等で、簡単なアンケートに答えると
何か賞品が当たるというキャンペーンをやっていますよね。

レストラン以外でもお客様の本音を知りたいのは一緒です。

お客様の本音がわかれば、商品の取り揃えや、接客その他、
お客様に自店を選んでいただける方法がわかりますから。

そこで、アンケートということになるんですが、
回収したアンケートを良く見てみると、通り一遍の答えしか返ってこない。

通り一遍の答えでも書いてあればいい方で、大多数は何も書いていません。

これではお客様の本音なんて知る由もありません。

そこで、少しでもお客様の本音を引き出す工夫が必要になるのですが、
それにキャラクターを使うことができるのです。

人間には本音と建前という2種類の言葉がありますが、
見知らぬ人に接する場合、大抵は建前がでてくるんですね。

それともう1つ「自分の本音がわからない」といこともあるのです。

お客様にアンケートを書いていただいて、多いのは圧倒的に後者です。
だって、利害関係の薄いお店に媚を売っても仕方が無いですからね。

お客様には本音を書く意思があるんだけど、
わからないものをわからないとしか言えないわけです。

そこでキャラクターによる商品の利用シーンなどをいくつか見せることで、
消費者が本音を語る助けになるわけですね。

さらに商品を利用するキャラクターとお客様の代わりの人物を描いて、
キャラクターにお客様に語りかけさせるようにします。

お客様に会話文を書くように仕向けるのです。

そのうえで、その会話をしたときの心の声も書いていただきます。

このようにすると、お客様が自分自身を客観視することができるのです。
心理テストに近いと言えるかもしれません。

まぁ、実際にそこまで凝ったことをしなくとも、
設問をキャラクターの口から言わせるだけで
回答率が格段に上がるんですけどね。

Posted by born1963 : 18:00 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: