トップページ >よむべき書籍 > 一般ビジネス書> ディズニー7つの法則&ディズニーランド流心理学

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

ディズニー7つの法則&ディズニーランド流心理学

ウォルト・ディズニーに学ぶ魔法の実践心理術という本を読んだ。ディズニーに学ぶことが多いと思っている私は、ついディズニーというタイトルの付いたビジネス書に手を伸ばしてしまうのだが、この本はその中では凡作。この本を読むならタイトルにある2冊。 ディズニー7つの法則ディズニーランド流心理学―「人とお金が集まる」からくり

ウォルト・ディズニーに学ぶ魔法の実践心理術は、著者がなにを書きたいのか良くわからない。浅いっていうのかな。なんかディズニーファンがネットでやりとりしている情報にマーケティング的な解説をつけただけのような本でした。

例えば、この本では2004年秋にホーンテッド・マンションが期間限定でハロウィン仕様に模様替えして、再び人気を博したことの理由として、「ディズニーランドは永遠に完成しない(つまり、来るたびに新しい発見がある)」のと、期間限定というプレミアム効果だと述べています。

しかし、このハロウィン仕様というのが、実は、10年前に公開されたティム・バートン監督の名作アニメ映画「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」のことで、この秋にデジタルリマスター版として全国ロードショーになったこと、そして、この冬、同タイトルがPS2のゲームになること、それらとリンクしたカタチで今回のホーンテッドマンションの衣替えが行われ、ホーンテッドマンションの人気はそれらの相乗効果(だって、映画館でも予告編するし、ゲーム雑誌にビジュアル載るし)だということは、少し調べれば分かります。

著者は既存の書籍やネットでの書き込みに頼り、自分でキチンとした調査をしていないのではないかと思えます。そこまで言うと言い過ぎかもしれませんが、全体として掘り下げ方が甘いのです。

この本買うなら、値段は半分以下の文庫本でディズニーランド流心理学―「人とお金が集まる」からくりというのがあるから、そっちを買った方が数倍いいです。こっちは、細かな調査と分析、心理術という部分でも丁寧な取材がなされています。

あとアメリカのディズニーリゾートの方ですが、 ディズニー7つの法則というのも良いです。ビジネスに応用する前提でディズニーランドのことを書いています。この本の元ネタは、フロリダのディズニー幹部社員研修で、この研修は高額の受講料を払えば誰でも受けることができるそうです。そう考えると、ディズニーの研修を誌上とは言え、この値段で受けることができるのは、タダみたいなもんだと思います。

Posted by born1963 : 18:49 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: