トップページ >キャラクター > メールマガジン1> 30 外部の力を利用する

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス:

30 外部の力を利用する

さて、今日は久々に読者のメールのご紹介から始めたいと思います。

ここから-----

スターウォーズのビジネスモデルは、大変、興味深いですね。
多くの気づきがありました。

物を売るため、何かをする。
普通は、販促活動ですよね。
その販促活動が、通常の方には本来のビジネスのように思えるものを使う。何が目的で、何が手段か、を自分が理解し、消費者に気がつかせない手法というのは、考えると楽しいですね。
ワクワクします。

------ここまで

メールを下さったのは、「新規開拓なくして成長なし」という中小企業経営者に必読のメルマガを発行されている 岡村さんです。

「新規開拓なくして成長なし」

メルマガ自体は新規開拓だけに拘っておられるわけではないようで、ネットの利用方法から、営業方法、日常から商売のヒントを導き出したりと幅広く扱っておられます。肩肘張らずに読める工夫がされているメルマガですので、サクッと登録しておきましょう。

で、この岡村さんのメールなんですが、短いですけど凄い着眼点ですよね。私が書いたのは、ルーカスはキャラクターの権利で、スターウォーズの制作費をまかなっている。キャラクターにはそれほどの力があるんですよってそれだけ。

しかし岡村さんはその情報から、ルーカスのビジネスモデルを読み解きました。つまり消費者は気づいてないけど「スターウォーズという映画=キャラクターグッズを売る販促活動」だと。そして肝心なのは、このスターウォーズという映画自体もビジネスになっているという点。だから本来の利益を上げるグッズの販売(映画は100億円を超える制作費を出すのでリスクが大きいですが、キャラクターグッズは権利を販売するだけですので、全くリスクがありません)をかくしてしまえるんですね。

これはキャラクター販促の話から、ちょっとずれてしまいますけど応用が利きそうです。本業はリスクを獲ってキチンとする。で、その本業から派生するビジネスを作りだして、そっちはノーリスクでしっかりと利益を稼ぐ。あるいは本業へのてこ入れに使う。

例えば、安室奈美恵さん。ニューアルバム"Qeen of Hip-Pop"のプロモーションで、“ナミエパンサー”というキャラクターが登場します。生誕40年を迎える人気キャラクター“ピンクパンサー”の恋人という設定です。

ニューアルバムのリリースは本業ですね。それはしっかりとする。で、彼女自身がファンだというピンクパンサーのMGMに、ピンクパンサー生誕40年のアイデアとして、こんなんあるんですけどって企画を出す。NGになっても、全くのノーリスクですよね。でも企画が採用されたら! 世界的に超有名なキャラクターをあろう事か日本人の芸能人のプロモーションに借り受けることができる。しかも、そのキャラクターの恋人という地位も獲得して。これはニュースにならないはずはないですよね。おそらく海外でもニュースになったはずです。彼女の場合、韓国や台湾、中国での人気も相当なものですから。

安室さんのメリットは、ピンクパンサーのネームバリューを利用するだけではありません。通常なアーティストのアルバム発売なんて、せいぜいテレビ番組に出演する代わりに、ちょっと宣伝させてもらう程度です。ところが、この場合はいきなりニュースとして配信されることになります。それも芸能以外のニュースでも取り上げられます。

読売OnLine 他にもサンスポ、スポニチ他、多数。

安室さんは非常に才能豊かな歌手ですが、出産、離婚のあと、このところ大きな話題に上ってなかっただけに、この宣伝効果は大きいでしょう。ノーリスクで、しっかり本業へのてこ入れに使っているわけですね。ひょっとしたら来年公開されるピンクパンサーの映画にナミエパンサーが出演?なんてことになるかも?

もちろん、彼女の実力と実績がなければ、このコラボレーションは実現しなかったでしょう。でもね、自分たちだけで話題を作れないときは、こうやって外の力を利用するという方法を考えてみるのもいいかもしれませんね。

例えば、キャンペーンの景品。全部同じキャラクターグッズで揃えるとかね。あのキティちゃんだったら、パソコンからポケットティシューまで揃いますよ。売っているモノを買って、プレゼントするから全くの合法です。宣伝にキャラクターの名称は使えないけど、人気のキャラクターグッズプレゼントなら言えます。で、抽選会場に行ったら景品は全てキティちゃんグッズ。話題になると思いませんか?

あれっ? 結局、キャラクター販促の話になっていますね?

参考にしていただければ幸いです。


追記──────────────────────

今日はもうひとつお便りをご紹介しますね。

ここから---------

いやーすごいですねー、企画書の書き方。
面白かったので週末に何度も読んで溜まっていた企画を1つ仕上げてみました。

処女作としてはまずまずかな?と思っております。
これから2号、3号とやっていくうちに藤谷さんに少しは近づけるのでは?ないかと思っております。

----------ここまで

「ゆかいな販促実践会」で発売している「一晩でできる!企画書の書き方」をご購入くださった、株式会社プライスレスの佐藤さんからのメールです。

佐藤さんは『ビジネス情報取引所』を運営されていて、そこで「提供できるサービス」と「探しているお客様」のマッチングをビジネスとしておられます。(登録は無料なので是非登録してください。)

で、凄いのは佐藤さんが「一晩でできる!企画書の書き方」を購入されたのは金曜日だったのです。で、月曜日にはこのメールが届きました。まさしく一晩で企画書を1本仕上げてしまわれたわけですね。1年近くこの「一晩でできる!企画書の書き方」を販売してきましたが、こんなことは初めてです。

やろうと思えばできるのに、私も含めて皆、なかなか一歩を踏み出せない。しかし、踏み出した人だけが次のステージに立つことができるんですね。

「一晩でできる!企画書の書き方」はこちらから。これほど嬉しいメールはちょっと無かったです。

それでは、また。

Posted by born1963 : 18:25 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

無料メールマガジン「クチコミを生むキャラクター販促活用術」

キャラクターを使った販促の方法を紹介しています。 キャラクターの持つチカラを紐解き、ビジネスに活用しましょう。(マガジンID:0000132694)

メールアドレス: